ローンの借り換え諸費用の種類

 住宅ローンの借り換えの諸費用について少し。住宅ローンの借り換えの諸費用というと、決して馬鹿に出来るものではありません。この諸費用が高過ぎて金利の低いところへ借り換えしたのに、それほど得にならなかったなんてこともないわけではありません。ですから、借り換えをする時には、諸費用に注意してほしいと思います。

 では、諸費用というのはどういうもののことなんでしょうか。それについて記してみようかなと思います。先ず、契約書貼り付け印紙税というものあります。借り入れ額が1000万円〜5000万円なら2万円、5000万円〜1億円なら6万円が必要になります。

 そして、事務手数料が必要です。これは数万円程度だと思いますが、住宅ローンの種類によっては借り入れ額の○%となっている場合もありますので気をつけてほしいです。それから、保証料。これは、借り入れ金額や返済年数によって変化します。また、金融機関によっては保証料を無料としているところもあります。そして、抵当権設定費用です。一定の条件を満たしている住宅の場合は借り入れ額の0.1%だったかな。

 ちなみに、登記のために司法書士報酬が必要になると思います。また、借り入れ額完済の為に繰り上げ返済手数料や抵当権抹消費用が必要になります。繰り上げ返済手数料は無料のところもあります。

参考サイト

あなたのベストチョイスはどこなのかを知るためには、たくさんの銀行の金利比較をし、諸費用を調べてよさそうなところをピックアップ。それぞれの銀行のサイトでシミュレーションをして借換え効果をチェックするという大変な手間がかかります。 住宅ローン借り換え比較!【ランキングおすすめ銀行は?】から引用
住宅ローン借り換えを考えたときに比較しなければいけないポイントがいくつかあって、それが手間だという話ですね。銀行はたくさんあるしそれぞれを一つ一つしっかり読んで比較するというのは大変な手間でしょう。そう考えると、住宅ローン借り換えの比較サイトは便利です。まずはしっかり読み込んでみることをおすすめします。

Copyright (C) ソニー銀行住宅ローン借り換えガイド All Rights Reserved