住宅ローンを見直すタイミングは?

 住宅ローンを見直すチャンスを上手く利用すると、返済額が少なくなるかもしれません。例えば、借り入れした時の契約金利が今よりもずっと高いというような場合は、見直しをすると金利が下がって返済費用にも影響があると思います。見直しにあたって金利タイプの変更ではなく借り換えを考える場合は、いくつか得をするかどうかを判断する為のポイントがあります。

 先ず、今の住宅ローン金利よりも借り換え先の金利の方が1%以上低い。それから、ローン残高が1000万円以上ある。そして、ローン返済期間が10年以上残っている。これらの項目にあてはまる場合は、借り換えて得をすることが多いと思います。

 しかし、これは一般的にということなので、これにあてはまっているから得をする、あてはまらないから損をするということではありません。一般的な目安なので、そこは注意してほしいと思います。

 また、借り換えの場合、諸費用が結構かかります。印紙税、事務手数料、抵当権設定費用などを始めとして意外にまとまったお金が必要になります。ですから、その分も借り換えて得にならないと意味がないので、借り換え検討の時には諸費用のことも気にしておいた方が無難です。しかし、今は低金利競争になっているの、住宅ローンを見直すチャンスかもしれません。

 

 

住宅ローン借り換えのおすすめリンク集

住宅ローン借り換え条件は?諸費用・金利安い銀行!【審査甘い?】
住宅ローン借り換えを成功させたいあなたにおすすめの銀行を紹介してくれるサイトです。住宅ローン借り換えを実際に行いたい方はぜひ一度ごらんになってください。
www.jutakuloan-karikae-jouken.com/

Copyright (C) ソニー銀行住宅ローン借り換えガイド All Rights Reserved